素敵な着物で貴女も美しくなれる

着物を着た女性は素敵です。要らなくなった着物は買取専門店に見積もりを出して買い取ってもらえばいいだけです。

着物買取のコツ

着物買取の時、少しでも高く売りたいと思うのは当然のことですね。
では、着物買取の値段は一体どこで決まるのでしょうか。

まず、その着物が作られた年代です。
明治や大正、昭和初期頃までのアンティーク着物は、同じ状態の通常の着物よりも高く買取ってもらえるケースが多くなっています。

それから、着物自体の品質ですね。
生地が何でできているのか、サイズはどうか、保存状態は良いかどうか、といった点です。
あまりにもサイズの小さい着物などは、仕立て直すにしても生地が足りなくなってしまったりと問題が多いという難点があります。
有名作家の作品や有名な織物を使った着物なども高額査定のポイントです。

最後に、付属品です。
加賀友禅や大島紬などには、証紙のついた端切れがついている場合があります。
こういうものが付属しているかどうかや、帯の箱がついているかなども査定の判断基準になります。

売りたい着物の寸法を変えたり、物自体を変えることは、当然できません。
ですが、付属品であれば、持って行くことができますよね。

もちろん、信用できる着物買取業者に頼むということもあげられます。
いくらものが素晴らしくても、悪徳業者に持ち込んでしまってはなんにもなりません。

買取には、訪問買取や宅配買取、持ち込み買取など様々な方法がありますが、大量の場合は、訪問買取をお勧めします。
宅配の場合、つけてもらった値段に満足がいかなかった場合、返送料がかかってしまうケースが多いため、お金をもらうどころか支払う羽目になってしまうこともあるからです。

また、買取を検討している業者に、ひとまず数点を持ち込んでみるというのもひとつの方法です。
買取価格や対応をチェックしてみて、よさそうであれば残りを任せる、というやり方ですね。

若干の手間はかかりますが、少しでも高く着物買取をして欲しい、と思っている人にはお勧めの方法です。
この場合は、いくつかのお店に持ち込んで、査定金額の違いを見てみるのが良いでしょう。

 

こんな業者には注意

着物買取業者は、それこそ、数えきれないくらいたくさんいます。
地域の情報誌などにも、着物買取の広告はたくさん出ていますし、インターネットで検索をしてみても、いろいろなサイトが次々にヒットします。

こうした着物買取業者の中には、良い業者も、悪徳業者もどちらもいます。
悪徳業者に当たってしまうと、大切な着物を正しく査定してもらえないばかりか、自分の個人情報まで伝えることになってしまうので、十分に注意して選ぶ必要があります。

では、信用できる会社とは、どういうところでしょうか。
まず、新聞の広告欄などに、着物買取します、という文字と電話番号だけが載っているようなところは、知っている業者でない限り信用しない方が良いと言えるでしょう。

信頼できる業者を見分ける最初の一歩は、まず、会社名、住所、固定電話の電話番号がきちんと書かれているということです。
それから、実店舗を構えていればなお良いと言えるでしょう。
ここまでくれば、着物の買取価格が高いか安いかはさておいて、詐欺まがいの業者である可能性は低くなります。

買取を依頼したときの様子でも判断することができます。
まず、着物のことがわかっていないような人物が査定しているというのは論外ですね。
着物の査定額の根拠をきちんと説明できるか否かで見分けることができます。

また、細かい金額を教えてくれなかったり、難癖をつけて安く買いたたこうとしたりすることが透けて見えるような業者もやめておいた方が無難です。

それから、買取品目が極端に少ない業者も注意が必要です。
着物買取をお願いしたいという人の家には、帯や小物類などの不用品もあることが多くなっています。
それなのに、正絹の着物だけを引き取って、付属品は全て買取不可と言われてしまっては、小物だけを買取ってくれるところを探し直さなくてはいけません。

それよりは、最初から、全ての不要な着物関係の品物をまとめて引き取ってくれるところに依頼した方が、結局、買取額も高くなりますよね。

 

今月のイチオシ情報
ネックレス 通販